TV番組

『半沢直樹2』に歌舞伎役者が多すぎ!香川照之、片岡愛之助、市川猿之助、尾上松也など超豪華!

「倍返しだ!」など流行語にもなった話題のドラマ『半沢直樹』が7年ぶりに帰ってきました。

帰ってきた『半沢直樹』には4人の歌舞伎役が勢ぞろいで超豪華ですね!

香川照之、片岡愛之助、尾上松也、市川猿之助が出演しています。

北大路欣也さんはお父さんが歌舞伎役者で、そうなると『半沢直樹』には歌舞伎関係者が5人もいることに!

それぞれの歌舞伎役者としての活躍と、『半沢直樹2』出演に熱い4人のコメントも掲載しています。

『半沢直樹2』には歌舞伎役者が多すぎ!

『半沢直樹2』にはたくさんの歌舞伎役者が出ていますよね。

人気のある歌舞伎役者ばかりで超豪華です!

SNSでも歌舞伎役者が多くでていることが話題となっていました。

『半沢直樹』も危機を乗り越え、悪を斬っていく様子が歌舞伎みたいという意見もあるようですね。

大げさなせりふ回しや、重厚感が楽しみという声も多かったですよ。

歌舞伎役者たちの表現力や演技力が楽しみという声も多く、片岡愛之助のオネエキャラがたまらないという声もすごく多かったです。

歌舞伎役者たちの豪華な共演も『半沢直樹』の楽しみどころなのです。

こちらが『半沢直樹2』の相関図。〇をしているのが歌舞伎役者たちですよ。

今回の『半沢直樹2』から新たに加わった歌舞伎役者は、市川猿之助と尾上松也です。




『半沢直樹2』の歌舞伎役者①香川照之

写真:PIXIS

本名:香川照之(歌舞伎名は市川中車)

誕生日:1965年12月7日(55歳)

出身地:東京都

家族:父は市川猿翁、母は浜木綿子

学歴:暁星小・中・高等学校卒業、東京大学文学部社会心理学科卒

身長:171cm

趣味:ボクシング観戦、通販、買い物、ジョギング

特技:昆虫知識

香川照之は父・市川猿翁と母・浜木綿子の子どもですが、小さな頃に離婚。

浜木綿子のもとで育てられました。

役者として活躍し、歌舞伎役とは無縁の生活を送っていましたが、46歳にして歌舞伎役者の道を歩むことになりました。

父・市川猿翁はもと市川猿之助で、スーパー歌舞伎など独自の歌舞伎人気を盛り上げた歌舞伎界のスターです。

役柄

今回も半沢直樹のライバルで、東京中央銀行取締役・大和田を演じます。

前回でも話題となった大和田の顔芸もみどころです。

次に出てくる市川猿之助は香川照之のいとこにあたります。

コメント

香川照之は「(続編の話を聞いた際は)嘘だと思いました。デマだと。」始め思ったそうです。

「倍返しだ!はもちろん、顔芸だの、土下座だの机バンバンだの、数々の名文句を世間に放っていった前作の時のインパクトは忘れられない。あれは二度と見られない稀有な光景でした。」

と、前作の人気と社会現象にまでなった作品の続編にかなり嬉しかった様子。

「私の演じた大和田常務は、前作で半沢に屈して失脚したあと、原作には登場しておらず、実はあの土下座のその後が描かれておりません。”封印された大和田”をいかに解放し、いかに命を吹き込むか、持てる精魂を懸命に尽くしたいと思っています。」

と話し、大和田再演にかなりな意気込みを感じますね。

『半沢直樹2』の歌舞伎役者②市川猿之助

写真:スポニチアネックス

本名:喜熨斗孝彦(きのし たかひこ)

誕生日:1975年11月26日(45歳)

出身地:東京都

学歴:暁星中・高等学校卒業、慶應義塾大学文学部国文科卒業

身長:171cm

趣味:読書 お茶 麻雀 寺めぐり 仏像観賞

特技:中国語

香川照之のお父さんの名前(市川猿之助)を継いだ市川猿之助。

市川猿之助は市川段四郎の息子です。

叔父である当時の市川猿之助(香川照之の父)の舞台を見て、幼少から憧れていました。

役柄

『半沢直樹2』では半沢直樹の適役で東京中央銀行の証券営業部長役・伊佐山泰二を演じます。

伊佐山は大和田常務を失脚させた半沢への恨みをもち、半沢との激しいバトルがみどころです。

コメント

市川猿之助は、

「漠然と映像の世界で、従兄弟と並んで芝居ができたら面白いなと思っていました」

と、従兄弟の香川照之との共演を喜んだようですね。

「前作は、主演の堺雅人さんを筆頭に愛之助さんの“オネェキャラ”や香川さんの土下座など、役者達の芝居がとても印象に残る作品だと思っていました」

「伊佐山という役は半沢のライバルです。半沢には負けるつもりはありません。精一杯、演じてみたいと思います。」

と熱いコメントを寄せました。

『半沢直樹2』の歌舞伎役者③片岡愛之助

写真:TBS

本名:片岡 寛之(かたおか ひろゆき)

誕生日:1972年3月4日(48歳)

出身地:大阪府堺市堺区

養父:片岡秀太郎

学歴:大阪府信田高校卒業

身長:172cm

趣味:音楽観賞 テレビゲーム ドライブ

愛称:ラブリン

ラブリンの愛称で親しまれる片岡愛之助は、歌舞伎役者の家には生まれていません。

二代目片岡秀太郎の養子として上方歌舞伎(大阪)を中心に活動しています。

こちらは故・15代目片岡仁左衛門です。片岡秀太郎の弟です。

シュッとした顔立ちと温厚な性格でテレビでも人気がありました。

写真:NHK

役柄

片岡愛之助は『半沢直樹』でのオネエキャラが大好評。

このキャラが好きだというSNSの声が多かったです。

『半沢直樹2』では金融庁の主任検査官・黒崎を演じています。

黒崎は旧大蔵省銀行局出身の切れ者のエリート。

プライドが高く神経質で、なぜかオネエ口調で話し、激高すると部下の急所を鷲掴みにするキャラクターが話題になりました。

コメント

片岡愛之助は、続編の話をもらってとても嬉しかったそうです。

「黒崎駿一というキャラクターを演じられる喜びと、前作のファンの皆様の期待を上回れるだろうかとドキドキの半々でした」

「やはり堺雅人さんはじめ、お馴染みの出演者の皆様、新たな出演者の皆様、そしてスタッフの皆様と再び「半沢直樹」を一緒につくれるんだと、大変誇りに思います。」

と喜びのコメントを出しました。

そして、この『半沢直樹』で片岡愛之助=“オネェキャラ”として認識されたことも話し、影響力の大きさに驚いたようです。




『半沢直樹2』の歌舞伎役者④尾上松也

写真:TBS

なまえ:おのえ まつや

本名:井上 龍一(いのうえ りゅういち

誕生日:1985年1月30日(35歳)

出身地:東京都中央区

両親:父は六代目・尾上松助

学歴:堀越高校卒業

身長:178cm

趣味:野球、映画鑑賞、舞台鑑賞、ディズニー

5歳で、歌舞伎座で父・尾上松助の襲名披露に併せ、二代目尾上松也として初舞台を踏みました。

尾上松也は、前田敦子との熱愛報道で一気に知名度をあげ、以後バラエティなどでも活躍。

ミュージカルでの演技も高く評価されています。

役柄

『半沢直樹2』では、スパイラル社の創業者・瀬名洋介を演じます。

IT起業家として華々しく活躍していましたが、あることをきっかけに窮地に陥ります。

半沢に起こるストーリー展開に深く関わる人物ですね。

コメント

尾上松也は、

「日本中に知られているドラマの続編に出演させていただけることは夢の様で、お声掛けしてくださった皆様に本当に感謝しております。」

作品への出演に夢のようと話しました。

「『半沢直樹』の世界の一員となって自分の会社を守るべく、瀬名洋介として半沢直樹と一緒に戦います。

敵は強敵市川猿之助さん演じる伊佐山です。

他にも個性の強い皆様が揃っていますが、負けない様に精一杯やり切りたいと思います」

と個性の強い俳優陣の中でも負けじと演じたいと熱意を語りました。

『半沢直樹2』の歌舞伎役者【おまけ】北大路欣也

写真:テレビ東京

本名:淺井 将勝(あさい まさかつ)

誕生日:1942年2月23日(77歳)

出身地:京都府京都市

学歴:暁星中・高等学校卒業、早稲田大学第二文学部演劇専修卒業

身長:174cm

趣味:ゴルフ

好きな食べ物:オムライス、ポトフ、チョコレート

北大路欣也の父・市川右太衛門は元歌舞伎役者で、映画俳優で有名でした。

父・市川右太衛門の家は、歌舞伎役者の家柄ではなかったのですが、12歳頃に才能を認められ2代目市川右團次の弟子となりました。

父が俳優に転向したことから、北大路欣也は歌舞伎役者ではありません。

ただ、北大路欣也は中学・高校は歌舞伎役者の子供が多く通った暁星学園に通いました。

香川照之や市川猿之助と同窓生ですね。

役柄

常に広い心を持って半沢を見守る東京中央銀行頭取・中野渡謙を演じます。

頭取役がはまっていますよね!

前作で半沢に東京セントラル証券へ出向を命じた中野渡謙。

コメント

北大路欣也は『半沢直樹2』について「新たなる展開を楽しみにしております、しっかりと受け止めていきたい」

「頭取・中野渡謙という人物を、私なりに、“らしさ”に集中していきたいと思っております」

と語りました。

『半沢直樹2』に歌舞伎役者が多すぎ!まとめ

『半沢直樹2』には多くの人気歌舞伎役者が出演しています。

豪華共演もドラマの見どころですね。

半沢直樹とバトルを繰り広げる側に香川照之といとこの市川猿之助。ドラマのキーとなIT企業の創業者に尾上松也。

オネエ口調のエリート官僚片岡愛之助に、東京中央銀行の頭取に北大路欣也。

それぞれが熱い思いをもって作り上げた『半沢直樹2』です。

5人の歌舞伎役関係者が出ている『半沢直樹』ますます楽しめますね!

写真:TBSオンデマンド